エプロンは用途に応じて使用されている素材が違う

男性

エプロンの大切な役割について

エプロンを使用するときは、飲食店以外にも様々な職業で使われています。飲食店などでは、エプロンではなくコック服を着用していることもありますが、これらを着用する目的は液体が飛び散った時に服を汚さないこと、油が跳ねたりしたときに体を守るためなどで利用されています。そのほかの職業でも、主に衣服を汚れから守ったり衛生面から着る目的があります。

用途によって素材が違う

一般的にエプロンに使用される素材は、布が多いですが利用する場面によって他の素材も使われることがあります。化学薬品を扱う場合など、薬品が皮膚につかないようにゴム製のものを利用したり、放射性物質を扱う技術者などは被爆を防ぐために鉛が縫い込まれたエプロンを使うこともあります。また、水産物を扱う人たちは、水がしみこまないゴムやビニール製のものを使うなど、それぞれの用途に合わせて使い分けれています。

エプロンに利用されている人気の素材ランキングベスト3

no.1

一位は多くの人が慣れ親しんでいる綿製品

エプロンを使う際には、汚れることも多くあるので洗濯をしてきれいにできることが大切です。綿製品であれば、汚れたら洗濯することができ馴染みのある素材でもあるので、入手しやすいです。水仕事には向きませんが、料理をするときなどに重宝されます。

no.2

二位は洗うごとに味わいが出るリネン製品

リネン製のエプロンは、洗うごとに味わいが出てくるので、長く愛用したい場合にもってこいの素材です。しかし、綿よりも値段は高くなる傾向があるので、よく考えてから購入し長く使えるように丁寧に扱うようにしましょう。

no.3

三位は水仕事に強いビニール製品

ビニール製のエプロンは、熱に弱いため料理などをする際には使えませんが、水仕事をする際には抜群の安心感があります。汚れも落ちやすいのできれいにしやすいですが、より衛生的に使いたいのであれば使い捨てタイプを利用することで、その都度きれいなものを利用できます。

[PR]エプロンなら専門の通販サイト
好みのアイテムがきっと見つかる♪

ファッションに合わせて選ぼう

エプロンは汚れや衛生面で使うことが多いですが、人に見られる職業であるのならファッション性も大切です。飲食店であれば、シックな雰囲気の黒色を利用したり、カジュアルな雰囲気のお店であれば明るい色やデザインのものを選ぶなどの工夫が必要です。胸当てのあるビブエプロンや腰から下を覆うカフェエプロン、頭からかぶるタイプのベスト型エプロンなどを利用シーンに応じて選びましょう。

選ぶ時に重視されるポイント

エプロンを着用するときは何か作業を行うときなので、動作を阻害されないことが重要です。首から掛けるタイプであれば、重いと首への負担が大きくなるので軽い方がいいです。また、裾などがひらひらしていると周りに当たったり、何かに巻き込まれる可能性もあるので、形状にも注意しましょう。

合わせて読みたいコンテンツ

女性

ユニフォームとして人気のエプロンデザインについて

飲食店にとってのエプロンは、ユニフォームと合わせて重要なアイテムになります。デザインをはじめ、色や素材によって受ける印象が異なるのが特徴です。清潔感も演出できるので、店の雰囲気に合わせて使うと役立ちます。

READ MORE
ウーマン

店舗用で購入するなら専門業者から購入しよう

エプロンは単なる汚れ防止の作業着というだけでなく、身につけることによって気分が引き締まり、仕事に専念しようという心のスイッチを入れてくれるものでもあります。おしゃれなものやクールでスタイリッシュなものまで様々なものがありますので、使うことで意欲を掻き立てられるものを探してみましょう。

READ MORE
エプロンを身に着けた人

通販で購入する時に注意しておきたいこととは

エプロンを購入する時、通販を利用することでお店で購入するよりお得に入手できます。しかし、通販を利用する際は注意しなければいけないことがあるので、その点を踏まえて購入するようにしましょう。

READ MORE
広告募集中