店舗用で購入するなら専門業者から購入しよう
ロゴ

店舗用に同じデザインのエプロンを受注しよう~納期に注意する~

失敗しないエプロンの選び方のポイント

エプロンは掃除や洗濯といった家事をする時に限らず、汚れる作業などで服が汚れるのが気になる際、非常に重宝するものです。それぞれデザインや仕様も異なり、実に様々なタイプのものが販売されています。ではエプロンを選ぶ際、失敗しないようにするためにはどのような部分に注目するのがいいのでしょうか。
まずチェックしたいのは形状です。いわゆるカフェエプロンと言われる腰から下部分に使用するタイプもあれば、胸まで覆える一般的な家事エプロン、腕までカバーできる割烹着タイプなど、様々なものがあります。どういった作業に使用するのかによって使い分けるのがポイントです。
次に注目するのは紐部分です。首や腰回りが紐状になっているものが非常に多いのですが、長さが調節できるものとそうでないものがあります。出来ればアジャスターがついていて、自分の体型にぴったりと合わせられるタイプのものがおすすめです。ボタン付きのものであれば、自分でボタンを付け替えるという手もあります。
また、素材に注目するのもおすすめです。水場作業が多い場合には撥水加工されているビニールや帆布などがおすすめですし、綿や絹などの素材は肌に優しく軽量なので、動きやすいというメリットがあります。

店舗用で購入するなら専門業者から購入しよう

ウーマン

刺繍やプリントも可能

エプロンにも個性を出したいという場合、刺繍やプリントでアレンジしてみるのもおすすめです。刺繍などは一見難しそうなイメージがありますが、一度やり方を覚えたら意外と簡単にできるようになります。最近は100均などでも安価で道具や材料が手に入りますので、是非チャレンジしてみましょう。お好きなキャラクターを描いてみたり、名前を刺繍してみたりするのも素敵ですね。
どうしても苦手な方でも、手芸店に行けば可愛らしい刺繍済みワッペンなどが多数販売されています。縫い付けるタイプのものもあれば、アイロンで貼り付けるタイプのものもあり、非常に簡単にアレンジすることが出来ますので、そういったものを利用してみるのも良いかもしれません。
また、思い切ってプリントしてみるというのもおすすめです。プリント方法には幾つかあり、最も簡単なものとしてアイロン転写シートを使った方法があります。専用の用紙に直接絵を描いても構いませんが、パソコンなどで作成したイラストやロゴをプリンターで印刷することも可能です。後はそれぞれの説明書に則ってアイロンでプレスするだけで簡単にエプロンにプリントすることが出来ます。
もしも同じデザインのものを大量に作成したい場合には、シルクスクリーンやステンシルシートを使った方法がおすすめです。初期材料費が若干かかりますが、たくさんの枚数を刷るのであればアイロン転写シートよりも低コストで仕上げられるようになります。発色もはっきりしてきれいですので、目的に合わせて使い分けてみるのもいいでしょう。

エプロンを購入する方法

エプロンは様々な店舗で取り扱われています。衣類量販店はもちろん、作業着専門店、雑貨店などでも販売されています。もちろん、実際の商品を手にとって購入するのがおすすめです。肌触りやサイズ、縫製具合なども細かくチェックすることが出来ます。
また、最近はカタログやインターネットを使用した通販も人気があります。自宅にいながら24時間好きな時間に買い物ができるというのが最大のメリットでしょう。店舗に比べてその種類も膨大ですので、きっとお気に入りのアイテムが見つかるはずです。
ただしどうしても実物を確認できないというデメリットも存在しますので、必ず商品説明をしっかりとチェックして購入するよう心がけましょう。

大量に必要なら業者依頼がお得

店舗用のエプロンや、イベントに必要になった際、お揃いのエプロンを大量に生産したいという場合もあるでしょう。もちろん、自分たちでパソコンなどを使って一枚一枚作成することも可能ですが、非常に手間がかかる上に、枚数が増えれば増えるほどコストもかさんできます。
そこでおすすめなのが、専門の業者に委託して特定のデザインのものを作ってもらうという方法です。店舗によっては、ベースとなるエプロンも様々な形状、カラーの中から選ぶことが出来るようになっています。
基本的には、ベースとなるものを選んだ後、作って欲しいデザインをメールなどで添付するだけです。作成する枚数が増えれば増えるほど割引額が大きくなりますので、よりお得に作ることが出来ます。
印刷技術が高いため、自作のものより発色も美しく、洗濯に強くなるというメリットもあります。

業者への依頼は計画性が大事

専門業者に依頼するとたくさんの枚数を一気にきれいに仕上げてくれるというメリットがありますが、気をつけなければならない点もいくつかあります。
業者によっては画像データの納付方法が細かく指定されていることも少なくありません。拡張子の設定や画像サイズ、容量などの制限がある場合もありますので、ある程度のパソコン知識がないと難しいかもしれません。
また、業者に委託する際納期までに時間がかかってしまうというデメリットがあります。早くとも3日〜1週間、平均的には2〜3週間ほどかかりますので、納品日を見越して注文しておかなければ、必要時に間に合わないという可能性もあります。
作成にかかる期限なども業者によって大きく異なりますので、まずはしっかりと問い合わせをした上で依頼するようにしましょう。

合わせて読みたいコンテンツ

女性

ユニフォームとして人気のエプロンデザインについて

飲食店にとってのエプロンは、ユニフォームと合わせて重要なアイテムになります。デザインをはじめ、色や素材によって受ける印象が異なるのが特徴です。清潔感も演出できるので、店の雰囲気に合わせて使うと役立ちます。

READ MORE
ウーマン

店舗用で購入するなら専門業者から購入しよう

エプロンは単なる汚れ防止の作業着というだけでなく、身につけることによって気分が引き締まり、仕事に専念しようという心のスイッチを入れてくれるものでもあります。おしゃれなものやクールでスタイリッシュなものまで様々なものがありますので、使うことで意欲を掻き立てられるものを探してみましょう。

READ MORE
エプロンを身に着けた人

通販で購入する時に注意しておきたいこととは

エプロンを購入する時、通販を利用することでお店で購入するよりお得に入手できます。しかし、通販を利用する際は注意しなければいけないことがあるので、その点を踏まえて購入するようにしましょう。

READ MORE
広告募集中